DRIジャパン

DRIジャパン

研修と資格認定 : 資格には個人に与える認定資格と、組織(例:会社)に対する資格が有ります:     即ち、組織が築いた事業継続計画が、災害に対して本当に機能するのかという、評価を行います。  これはREAP(Resilience Enterprise Assessment Program)と言うプログラムです。

BC研修

DRIジャパン(Disaster Recovery Institute Japan:DRIJ)は、DRI インターナショナルから日本支部の認定を受け、DRI インターナショナル公認の日本人インストラクターにより、日本語による事業継続に関する教育コースと認定資格試験を実施しています。現在の研修コースとしては、事業継続:BCP501,及び医療関係(ヘルスケアー)の事業継続としてHCP501を行っております。特にHCP501に関しては直接事務所に問い合わせ願います。

事業継続プロフェッショナル認定: この認定はDRIJが行います試験に合格した場合、合格者の過去の事業継続に関する実地の経験年数により、4種類にわたる資格認証が与えられます。

プロフェッショナル認定の資格、再認定基準を紹介しています。

認定の資格、及び再審査は全て日本語で対応します

組織の認証プログラム(REAP)

事業継続(BCM)の教育を長年実施し、プロの認証を世界的に行ってきたリーダとして、DRIが開発したREAPの評価手段を用いて、組織(例:会社)が構築した事業継続計画が本当に機能し、世界に通用する“レジリエント(強靭で復活力の有る)な組織”である事を評価し、詳細な監査等で合格した場合は、REAPの認証(ISO22301を含む)を提供します。

(REAP = Resilient Enterprise Assessment Process)