【DRI ジャパン】について

設立の背景と課題

日本における事業継続計画(以下BCP/M)はここ数年その必要性が増し、多くの企業や組織で構築されつつあります。特に国内はもとより、社会・自然環境の違う国外で活動する企業は、BCP/Mの構築が必須となってきています。

 

【DRI ジャパン】では、”Business Continuity (BC)”を、「ビジネス継続(事業継続)」と呼んでいます。更に事業継続計画を単に作って終わりということではなく、継続的にテスト、演習を行い、維持、改善、継続していく意味で、事業継続管理(BCM)を標準名として使って居ります。

 

また、'事業継続(BC)'はどのような災害が起きても、「業務」や「事業」を含む「組織」を存続させ、社会的責任を果たす為に、激しく変わる環境変化にも順応し、Resiliency(復活力)のある組織を目指すことを支援することが、我々【DRI ジャパン】の使命であります。

 

DRI(NPO)は1988年に設立されました

■ 30年以上にわたってBCPの専門教育・認定資格制度を提供

  この業界で世界最初に教育、プロの認証を行ったNPO組織

  認定された方のプロとしての信頼を継続していく

 

 世界78カ国に支部認定

【DRI ジャパン】:2010年6月に設立

  100カ国以上で約15000人+(2017)以上の現役認定者が活躍

 

 世界50か国で研修、認定を行っている

  英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、日本語、中国語、

    ロシア語、ポルトガル語で実施

 

 BCPの基本的知識体系(BOK)を展開(10項目)

  世界のBCP/Mのグローバル・スタンダードになる

 

■ プロ認定種類: ABCP、CFCB、CBCP、MBCP、CBCA等

 

【DRI ジャパン】のビジョン、指名、目的

ビジョン

どのような災害に対しても “備え” が出来た世界にする

 

使命

日本のあらゆる組織を、どのような災害に対しても、

備えと復旧力のある、かつ Resilient な組織にするために、

教育・認定、関連活動を通して、

社会の発展に貢献する

 

目的1

国内外で活躍する組織に対して、DRI の知識体系(10項目)を活用し、世界に通用する専門家の人材育成と認定を行う。

 

目的2

国内のあらゆる組織に対して、事業継続の必要性、重要性を普及啓発し

国及び地域の発展に寄与できる活動を展開する。

***その為にはあらゆる組織が災害に”備え”のある、安心・安全な社会の構築に貢献できる、優れたBCMソリューション・サービスを社会に提供していきます。

 

【DRI ジャパン】の設立

設立日

2010年6月2日。

オフィス

〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F

                  TEL: 090-1262-4806(長瀬 携帯)

             nagase@dri-jp.org 或は

                                   kanryunagase@vesta.ocn.ne.jp

        HP: www.dri-jp.org info@dri-jp.jp

          : www.drii.org

組織体

一般財団法人 DRIジャパン

・理事 :

見目久美子

山岸勇一郎

佐々木 忍

今野 裕規

桐原 憲昭

黒川  顕

荒木 幸治

真城 源学

大崎 雄二

中澤 幸介

大野 優子

李  昌一

岡本 健

長瀬 貫窿 理事長

 

・評議委員:

熊谷 毅志

渡辺洋二郎

中谷 明男

湯本壬喜枝

 

・監事

正木 一弘

 

・DRII公認研修インストラクター:

長瀬 貫窿

桐原 憲昭

真城 源学

【DRI ジャパン】の具体的活動

**具体的な活動は、DRI ニュースを参照

BCRI 研究会

BCRI(Business Continuity Resilience Institution) を2017年5月からスタートしました。

 

これは DRI ジャパンがコーディネートし、国内の色々な組織(企業等)及び 個人が会員となっていただき、年に4回ある研究会に参加していただきます。

 

各企業が持っておられるBCMに関する課題等を参加組織がお互いに情報を交流し、そこから新しい発見や、活動を、分科会等を通して参加企業が行い、各組織の災害に対する強靭な”備え”のある組織にしていく取り組みです。又研究会には、分科会には業界の専門家を招き色々講演、支援をしていただきます。

 

まず現在取り組みたいテーマとして下記のものが有ります。

 

1)各組織(企業)で構築されてBCMが本当に機能し活用でき、”備え”の出来た組織であるかを評価し、認証を与える活動です(REAP)。

 

2)防災科研や気象庁の持っておられる自然災害(地震、台風、雪害、火山、その他)の膨大な情報をREIC社を通して活用し、各組織(企業等)或は地域社会へ提供し、単に防災用だけでなく、如何に事業継続BCMに活用し、強靭な社会にしていくかを検討、実施していく活動。

 

今年5月から活動を始めました。興味のある組織の方は是非参加していただきたいと思います。

 

会費: 組織は年会費8万円

個人会員でDRIの認証をお持ちの方は無料です。

 

【DRI ジャパン】はハブ(Hub)として活動します。

 

  **連絡先: nagase@dri-jp.org

 

要検証

 

DRI-ジャパン                    

 

 DRI-ジャパンのビジョン、使命

 

ビジョン: どのような災害に対しても“備えが”出来た

                       世界にする

 

使命:   日本のあらゆる組織を、どのような災害に対しても、

備えと復旧力のある、かつResilientな組織にする

ために、教育・認定、関連活動を通して、社会の

発展に貢献する

 

目的1: 国内外で活躍する組織に対して、DRIの知識体系(10項目)を活用し、

       世界に通用する専門家の人材育成と認定を行う。

目的2: 国内のあらゆる組織に対して、事業継続の必要性、重要性を普及、啓発し

       国及び地域の発展に寄与できる活動を展開する。

       ***その為にはあらゆる組織が災害に”備え”のある、安心・安全な

       社会の構築に貢献できる、優れたBCMソリューション・サービスを社会に

       提供していきます。

具体的活動:

 

 BCRI研究会(Business Continuity Resilience Institution)

             を2017年5月からスタートしました。

    **具体的な活動は次のページ、DRIジャパンニュースを参照

 

       これはDRIジャパンがコーディネートし、国内の色々な組織(企業等)及び

       個人が会員となっていただき、年に4回ある研究会に参加していただきます。

       各企業が持っておられるBCMに関する課題等を参加組織がお互いに情報を

       交流し、そこから新しい発見や、活動を、分科会等を通して参加企業が

       行い、各組織の災害に対する強靭な”備え”のある組織にしていく取り組みで

       す。又研究会には、分科会には業界の専門家を招き色々講演、支援をして

       いただきます。

       まず現在取り組みたいテーマとして下記のものが有ります。

       1)各組織(企業)で構築されてBCMが本当に機能し活用でき、”備え”の

         出来た組織であるかを評価し、認証を与える活動です(REAP)。

       2)防災科研や気象庁の持っておられる自然災害(地震、台風、雪害、

         火山、その他)の膨大な情報をREIC社を通して活用し、各組織(企業

         等)或は地域社会へ提供し、単に防災用だけでなく、如何に事業継続

         BCMに活用し、強靭な社会にしていくかを検討、実施していく活動。

      今年5月から活動を始めました。興味のある組織の方は是非

      参加していただきたいと思います。

      会費: 組織は年会費8万円

          個人会員でDRIの認証をお持ちの方は無料です。

      DRIジャパンはハブ(Hub)として活動します。

            **連絡先: nagase@dri-jp.org

 

   Train: BCMの研修、及び世界に通用する専門家の資格認定

   Prepare: あらゆる災害に備える(想定外は許されない!)

   Restore: 目標とする時間内に復旧し、事業を継続する

   Make Resilience: あらゆる環境に追随し、強靭で復活力のある組織にする